目元美容液に含まれる成分の効果と注意点

目元美容液の成分-ヒアルロン酸-

目元ケアでは保湿対策が欠かせません。それだけに目元美容液でも保湿成分のヒアルロン酸がよく配合されています。美容成分を代表する成分であり、目元ケアだけでなくさまざまな目的で使用されているわけですが、それだけ肌環境全般の健康に大きな役割を担っている証拠でもあります。

ヒアルロン酸は肌のボリューム維持に役立つ

目元い美容液おすすめヒアルロン酸

ヒアルロン酸とはムコ多糖類の一種でネバネバした物質です。もともと人間の体内にも存在しており、皮膚だけでなく全身のさまざまな場所で健康維持に役立っています

 

とくに近年では関節部分にある軟骨を構成する成分としての役割が注目されており、高齢者の関節痛対策でヒアルロン酸が役立てられる機会が増えています。

 

この関節痛への対策では衝撃を和らげるクッションの役割を担っているのですが、それは美容成分としての役割とも深くかかわっています。

 

この成分は水分を抱え込む非常に優れた働きを備えており、大量の水分を抱え込むことによって衝撃を和らげるクッションの働き、あるいは肌の弾力やハリ、ボリュームを保つ役割を担っているのです。

 

その保水力は驚くべきレベルで質量の6000倍もの水分を抱えこむことができます

 

つまり1グラムのヒアルロン酸があれば6リットルもの水分を維持できるのです。人間の体は水分がもっとも多いといわれていますが、それを維持するうえでもヒアルロン酸はとても重要な役割を担っているわけです。

 

ただこのヒアルロン酸の体内での含有量のピークはなんと赤ちゃんの頃、その後成長に伴い減少していきます。

ヒアルロン酸は工夫された処方の目元美容液を選ぶこと

目元い美容液おすすめヒアルロン酸

20代まではそれほど減少の影響が見られないのですが、30歳前後から減少のペースが加速し、それが肌の乾燥やバリア機能、ボリュームの低下といった問題を引き起こすのです。

 

目元はもともと皮膚が薄いこともあってヒアルロン酸が減少する影響を受けやすく、加齢がもたらす乾燥が加速しやすい環境にあります。

 

ですから目元美容液に配合しうまく補っていくことで保湿やバリア機能の改善を目指すわけです。

 

ただ問題なのはこの成分はもともと分子量が大きく、肌に塗付してもなかなか浸透しない点です。

 

乾燥した目元の皮膚は固くなった影響で有効成分が浸透しにくい状態にあるので目元美容液でもいかにヒアルロン酸をうまく浸透させることができるかが問われるのです。

 

ナノ化の技術で分子量を小さくするなどの処方上の工夫をしている製品が見られますが、こうした工夫がヒアルロン酸配合の目元美容液を比較検討するうえでの重要なチェックポイントともなっているのです。

目元のたるみに効果的な美容液はどれ?目元美容液口コミ評価ランキング

目元美容液の成分-コラーゲン-

コラーゲンは目元美容液の成分としてのみならず広くスキンケア全体で欠かせない存在でもあります。エイジングケアにおいてもコラーゲンが重要な鍵を握るため 目元のシワやたるみ対策の際にいかにうまく補っていけるかを意識して美容液選びやケアを行っていく必要があります。

コラーゲンはアレルギーリスクも少ない

目元い美容液おすすめまコラーゲン

コラーゲンとはたんぱく質の一種で、体内に存在しているたんぱく質の中でももっとも多くを占めているものです。つまり非常に身近な成分でもあるわけで、肌だけでなく筋肉や関節などさまざまな場所に存在しています。

 

その分アレルギー反応などのリスクも少なく、肌荒れなどの不安を抱えている方でもケアに使いやすいといったメリットもあります

 

このコラーゲンは弾力性を備えているのが特徴で、肌のハリを保つ上で欠かせないとよく言われます。一方角質層においては弾力を保つとともに水分を保つ働きも担っており、保湿成分としても欠かせません。

 

実際目元のトラブルは30代前後くらいからコラーゲン、セラミド、ヒアルロン酸といった保湿成分が減少することからはじまるのです。

 

このように非常に重要な役割を担っているコラーゲンですが、いざ目元ケアに役立てるとなると少々難しい面も出てきます。まず浸透性の問題があり、もともとコラーゲンは分子量が大きいので肌に塗付しても思うように浸透しません。

コラーゲンでハリや弾力を与えるのが効果的

目元い美容液おすすめまコラーゲン

とくに目元は乾燥の影響で狭く固くなった毛穴から有効成分が浸透しにくい状態になっているのでせっかく補っても十分な効果が得られないことも多いのです。

 

これを改善するためにはナノ化の技術などで分子量を小さくするか、特殊なカプセルに閉じ込めて浸透性をアップするといった対策が必要になります

 

もうひとつ、たるみやシワの悩みを抱えた場合にはコラーゲンを補うのではなく、体内での生成を増やしたほうが効果的だというポイントもあります。つまりシワ・たるみ対策にコラーゲンは不可欠だけれども、コラーゲンを補うわけではないというわけです。

 

これはシワ・たるみが真皮層のコラーゲンの減少が深くかかわっているためで、スキンケア製品でコラーゲンを補っても真皮層にまで浸透せずに十分な効果が得られないのです。

 

ですから体内でコラーゲンを増やすための対策、たとえばコラーゲンを作っている繊維芽細胞を刺激するビタミンC誘導体やレチノールといった成分を補う、睡眠環境を充実させるといった方法が必要になります。

 

このように「補う」だけでなく「増やす」ことへの意識も求められる成分なのです。

目元美容液の成分-ビタミンC誘導体-

スキンケア製品に配合される成分としておなじみなのがビタミンC。その効果をさらに高めるために開発されたのがビタミンC誘導体です。

ビタミンCには抗酸化・免疫力強化などの効果がある

目元美容液人気目元美容液ビタミンC誘導体

ビタミンCといえば優れた抗酸化作用のほか、免疫力を強化する作用や皮膚のコラーゲンの生成を促す作用などスキンケアに役立つ作用を多数備えていることで有名です。

 

スキンケア製品はもちろん、美容・健康目的のサプリメントなどにも広く使用されています。目元はとくに年齢による体の衰えが表に出やすい部分だけに、このビタミンがもたらす効果が重要になってきます。

 

しかし、このビタミンCは優れた効果とは裏腹に「効果が表れにくい」面を持っています。

 

体内に吸収されにくく、しかも安定性を欠いているためすぐに酸化してしまう面を持っているのです。とくにスキンケア製品に配合された場合にこの弱点が問題になりやすく、せっかく塗布しても充分に皮膚に吸収されることなく終わってしまうことが多いのです。

ビタミンC誘導入り目元美容液はビタミンCの効果がそのまま

ビタミンC誘導体はこうした従来のビタミンCが抱えている問題を解消しつつ、本来の効果の高さをそのまま備えた成分なのです。

 

塗布した時にも皮膚のバリア機能に跳ね返されることなく角質層に浸透し、その奥にある真皮層にまで効果を及ぼすことができます

 

コラーゲンの生成は真皮層で行われるため、ここまで浸透しなければビタミンCのコラーゲンの生成促進効果が得られないのです。

 

目元の皮膚は薄いため、とくにビタミンC誘導体の優れた浸透力が威力を発揮するといいます。肌を引き締めて目元のたるみを改善する効果や、ターンオーバーの正常化によるくすみの解消なども役立ってくれるでしょう。

 

とくに洗顔後に使用すると高い浸透効果が得られるといいます。日ごろの目元ケアにもピッタリです。

 

目元美容液を選ぶ際にはビタミンCの有無だけでなく、ビタミンC誘導体が配合されているかどうかも重要な基準として踏まえておくようにしましょう。同じビタミンCでもその効果に大きな差が見られるのです。

目元美容液の成分-セラミド-

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンといった成分と並んで保湿に重要な役割を果たしているのがセラミドです。目元は乾燥しやすいこともあり、目元美容液の成分としても広く使用されています。

セラミドはバリア機能や水分維持をサポート

目元美容液人気目元美容液セラミド

セラミドは「細胞間脂質」と呼ばれるもので、細胞と細胞の間で水分を脂分を保持する働きを持っている成分です。体内にある細胞間脂質のじつに50パーセントを占めている重要な存在です。

 

しかし、このセラミドは年齢とともに少しずつ体内の含有量が減っていきます。30代を越えるころから減少が目立つようになり、その結果皮膚の水分が失われ、ハリの低下や乾燥といった問題を抱えやすくなるのです。

 

とくに目元は皮膚が薄いためその影響が現れやすいといいます。

 

また、セラミドには肌のバリア機能の維持をサポートする働きもあります。つまりこの成分が減少してしまうとバリア機能も低下し、紫外線の刺激に弱くなったり、雑菌やウイルスの侵入を受けやすくなるのです。

 

なお、アトピー性皮膚炎を発症している人は皮膚内のセラミドの量が少ないケースが多いとも言います

 

こうした事情からスキンケアでセラミドを補うことが重要なポイントとなるわけです。目元のたるみやクマ、くすみといった悩みを抱えている人はこの成分が含まれている目元美容液を選ぶとよいでしょう。

セラミドを選ぶ時はセラミドU・V・Yがおすすめ

なお、セラミドへの関心と需要に高まりから研究が進められており、この成分にも複数の種類がありそれぞれ効果が異なっていることが明らかになりつつあります。

 

そのためスキンケア製品でもどの種類のセラミドを配合しているかを明示するケースが増えています。

 

よく使用されているのが保湿効果とシワの改善効果に優れているという「セラミドV」です

 

そのほかバリア機能の向上に役立つ「セラミドU」や古くなった角質をはがし、シワを改善する効果があると言う「セラミドY」などもよく見られます

 

目元の美容液を探す際にはこうした種類にも目を向けておくとよいのではないでしょうか。

目元美容液の成分-レチノール-

レチノールは目元美容液によく使用される成分のひとつです。この成分はビタミンAの一種です。

レチノール入り目元美容液にはしわ対策に効果的

目元美容液人気目元美容液レチノール

これが目元美容液によく使用される理由の一つは油溶性であること。美容液やクリームにも広く使用されているのですが、とくに目元ケアとの相性がよいのです。

 

目元は皮膚が薄く乾燥しやすいからです。

 

また、ビタミンAとしての効果も期待できます。肌のターンオーバーを活性化し、コラーゲンの生成量を増やす効果があるのです。

 

この成分が真皮層にまで浸透することでコラーゲンの生成を促すのです。専門家の間ではシワ対策にはコラーゲンを直接補うよりもレチノールの方がより高い効果が見込めるとの意見もあります。

 

コラーゲンを摂取してもそれがすべて皮膚のコラーゲンとして使用されるとは限らないからです。

 

レチノールの場合、体内でのコラーゲンの生成量を増やすことができるため、より効果的に皮膚のコラーゲンの量を増やすことができるため効率がよいのです。

 

この点は同じくコラーゲンの生成を促す作用を持つビタミンCと似た面があります。ただ、ビタミンCは肌への浸透も吸収も難しい面がある一方、レチノールは浸透しやすいメリットを持っています。

 

この点からも目元のたるみやシワ対策に適していることが窺えます。

レチノールは刺激も強いので注意が必要

このように、目元美容液の成分としてレチノールは優れた面をいくつも備えているわけですが、注意点もあります。それは刺激が強いこと。

 

冒頭に触れたように目元の皮膚は薄いため、刺激に弱い面を持っています。そのため肌質によってはかえってダメージが生じたり、乾燥してしまう可能性も見られます。

 

レチノールを配合した目元美容液ははじめの頃はかさつくことが多いのですが、使用していくと次第に問題がなくなっていく傾向が見られます。レチノールはもともと体内に存在している成分のため、体が順応するからでしょうか。

 

ですからある程度の期間試しに使ってみて、肌に悪影響が生じないかどうかを判断するとよいでしょう。刺激さえ気にならなければアレルギーの心配もなく安心して使用できる成分です。

目元美容液の成分-プラセンタ-

プラセンタは現在エイジングケアの分野でもっとも注目を集めている成分といってもよいでしょう。目元美容液に配合される機会も増えており、これから新たに目元美容液を選ぶ場合にはこの成分を無視することはできないといってもよいほどです。

プラセンタとは優れた栄養素が含まれている

目元い美容液おすすめプロテオグリカン

プラセンタとは「胎盤」を意味する言葉で、その名前の通り動物の胎盤から抽出されたエキスのことです。つまり単独の成分ではなく、エキスの中にさまざまな成分が含まれており、この点こそプラセンタが美容成分として注目されている最大の理由にもなっています。

 

胎盤は胎児の成長を促す重要な器官ですから、そこから抽出されたエキスには非常に優れた栄養価が備わっています。皮膚や筋肉の元になるたんぱく質、アミノ酸、エネルギーの代謝や老化の予防に欠かせないビタミン、ミネラルなど。まず栄養補給の手段として非常に優れているわけです。

 

老化による肌の含有成分の減少、血行の不良によって酸素や栄養が肌にまで届きにくくなるといった影響で目元にトラブルを抱えてしまうことも多いだけにこの栄養価の高さは大きな魅力です。またこの点からスキンケア製品だけでなくサプリメントの有効成分としても活躍しています。

 

そしてもうひとつ、プラセンタ最大の特徴といってもよいのがグロースファクター(成長因子)の存在です。これは胎児の成長(細胞分裂)を促す働きを持った成分で、細胞の働きを活性化させることができます。

 

スキンケア製品として使用すれば角質細胞の働きを活性化させることができるのです。加齢の影響でターンオーバーが乱れている場合にそれを改善することができますし、コラーゲンの生成量が減少している場合には繊維芽細胞を活性化させる働きで改善していくことも可能です。

プラセンタには種類があるので目元美容液を選ぶ際にはきちんと確認する

目元い美容液おすすめプロテオグリカン

さらにシミの原因となるメラニン色素の生成をブロックする働きから美白成分としても活用される機会が増えています。

 

このようにシミやシワ、たるみといったトラブルを抱えやすい目元にとってプラセンタは非常に魅力的な成分です。

 

更年期障害の改善効果も期待されており、40代半ば以降で肌トラブルを抱えがちな方はサプリメントで体の内面からケアしていく方法もあるでしょう。

 

なお、現在市販されているプラセンタには原材料によっていくつかの種類があります。馬由来と豚由来が主流ですが、胎盤を持っていない植物や魚から抽出されたエキスをプラセンタと名乗って販売しているものもあります

 

こうした成分は栄養価には優れていてもグロースファクターが含まれていないので気をつけましょう。しっかり見極めたうえでよい製品を選んでいくことが重要です。

目元美容液の成分-プロテオグリカン-

プロテオグリカンはここ数年の間にスキンケア製品の有効成分として知名度を高めています。そのため新しく発見・開発された成分とのイメージもありますが、もともと人間の体内に含まれており、以前からその効能は知られていました。

プロテオグリカンはヒアルロン酸の1.3〜1.4倍の保水力を備えている

目元い美容液おすすめプロテオグリカン

ただ長い間製造コストが非常にかかるため、スキンケア製品での使用が困難だったのであまり知られていなかったのです。ありがたいことに近年では技術の進歩もあって製造コストが大幅に下がった結果広くスキンケア製品に配合される機会が増えています。

 

この成分はたんぱく質と糖分が結合した「糖たんぱく」と呼ばれる構造を持っています。たんぱく質を意味する「プロテ」と多糖類を意味する「グリカン」を結びつけた(「オ」)成分という意味でプロテオグリカンと名づけられています。

 

この成分の特徴は非常に保水力に優れている点です。体内で水分を抱え込むことで潤いを保つ効果を発揮してくれます

 

この水分を抱え込む保水力といえばヒアルロン酸が有名ですが、このプロテオグリカンはヒアルロン酸の1.3〜1.4倍もの保水力を備えているといいます。ですから乾燥に悩まされやすい目元トラブルのケアに適しているわけです。

 

さらにもうひとつ、EGF様の効果もこの成分の重要なポイントです。EGFは「上皮細胞増殖成長因子」とも呼ばれ、表皮の細胞を活性化し成長を促す作用を備えています。よくエイジングケア化粧品に配合されるのもこの作用でターンオーバーの活性化に役立つからです。

プロテオグリカンにはターンオーバー活性化や抗炎症作用がある

目元い美容液おすすめプロテオグリカン

プロテオグリカンにもこれと似た働きがあり、目元に起こりやすいシミやくすみの予防・改善に役立ちます。目元は紫外線を浴びやすい部分でもあり、メラニン色素の沈着によってシミ・くすみができやすい環境にあります。

 

ターンオーバーを活性化することができればメラニン色素の排出を促し、沈着を防ぐことができるのです。
その意味では美白成分と同じくらいシミ対策では重要な意味を持つともいえるでしょう。

 

美容方面ではもうひとつ、炎症を防ぐ働きも注目されています

 

体内では刺激を受けた際に炎症を抑制するサイトカインという物質が働くのですが、それを促すことができるのです。これは肌の炎症だけでなく体内の炎症、とくに大腸炎などの病気を防ぐ面でも関心を集めています。

 

保湿とターンオーバーの活性化。目元ケアにおいてもっとも重要といってもよい効果を兼ね備えているプロテオグリカン。プロセンタエキスやコラーゲンと比較してもまったく劣らない魅力を備えた成分といえるでしょう。

目元美容液の成分-AHA-

目元美容液に使用される機会も増えている成分にAHAがあります。この成分はピーリング成分とも呼ばれており、シミやくすみを改善する効果が期待されています。

一度生じてしまった問題を改善するにはピーリングを

目元美容液人気目元美容液レチノールAHA

目元は皮膚が薄いこともあり、紫外線のダメージを生じやすい部分です。紫外線はその刺激でメラニン色素の分泌量を増やしてしまったり、皮膚の老化を進めてしまうといった悪影響があります。

 

メラニン色素の増加によってシミができやすくなりますし、皮膚の老化が進むとたるみやくすみといった問題が生じます。

 

そのためにも目元ケアには紫外線対策が欠かせないわけですが、一度生じてしまった問題を改善する方法としてピーリングが有効なのです。

 

ピーリングとは意図的に刺激の強い成分を皮膚に塗布して表面を剥がす方法です。それによって色素沈着を起こしてしまったメラニン色素や剥がれ落ちずに残ってしまった古い角質を除去することができるのです。

 

そのうえで皮膚の再生力を高め健康で若々しい肌へと生まれ変わらせることができます

ピーリングにもっとも広く活用されているのが5種の成分を総称したAHA

そんなピーリングにもっとも広く用いられているのがAHAなのです。正式には「α-ヒドロキシ酸」といいます。

 

ひとつの成分の名称ではなく、5種類ある成分の総称です。5種類とはグリコール酸、クエン酸、リンゴ酸、乳酸、酒石酸です。目元美容液をはじめとしたスキンケア製品に使用されているのはおもにグリコール酸です。

 

グリコール酸は分子が小さく、皮膚に浸透しやすい特徴を備えています。さらに皮膚の角質を柔らかくする作用もあるため、ピーリング効果が得やすいのです。

 

さらに皮膚に浸透することでコラーゲンやエラスチンといった肌の弾力や保湿に欠かせない成分の生成を促す効果もあります。こうした理由からAHAの中でもグリコール酸が広く用いられているのです。

 

もともと意図的に強い刺激をもたらすことを目的としているため、肌質によってはかえってダメージが生じてしまうことがあるのが難点といえば難点。

 

そのため目元ケアでAHAを使用する場合には自分の肌質や目元美容液との相性もよく検討したうえで判断することも大事になってきます。

目元美容液の成分-ナイアシン-

ナイアシンとはビタミンB3のことです。その名の通りビタミンB群の一種で、水溶性ビタミンに分類されます。もともと健康によいことで知られる成分ですが、目元ケアに役立つ効果に注目が集まり、美容液にも配合される機会が増えています。

ナイアシン入り目元美容液にはターンオーバー正常化の働きが!

目元美容液人気目元美容液ナイアシン

ナイアシンの特徴はまず優れた抗酸化作用が備わっていること。活性酸素の生成を抑制し、体の老化を防いでくれるのです。

 

目元は皮膚が薄いこともあって肌の老化があらわれやすい部分でもあります。その意味でも抗酸化作用は重要なポイントとなります。

 

それだけではありません。肌の代謝を活性化させ、ターンオーバーを正常にする効果もあります。

 

ターンオーバーは通常28日周期と言われますが、実際には年齢を重ねるにつれてどんどん周期が長くなっていきます。とくに目元のたるみやクマに悩まされはじめる30代後半頃から周期の乱れが目立つようになります。

 

ナイアシンを摂取することでその乱れや遅れの改善が期待できるのです。ターンオーバーの乱れがもたらすくすみやシミなどの対策にも役立ちます。

ナイアシン入り目元美容液には血行促進効果もある

さらにもうひとつ、血行不良の改善も重要なポイント。ナイアシンには血行を促進する効果もあるのです。

 

血行が滞るとむくみが生じやすくなり、たるみの大きな原因となりますし、血液中の酸素の欠乏によるヘモグロビンの色の変化によってクマの原因となってしまいます。

 

たるみもクマも目元トラブルの定番といえるだけにこの効果は大きな意味を持つでしょう。

 

こうして見てもナイアシンは目元美容液の成分としてピッタリの効果を備えていることがわかります。ありがちな目元のトラブルのほとんどに対応しているため、うまく活用すれば効果的にケアを行っていくことができるわけです。

 

さらにナイアシンは肌への刺激が少ないため、肌質に関係なく使用できるというメリットも備えています

 

乾燥肌や敏感肌に悩まされている人にとってとくにありがたい成分となってくれるでしょう。目元美容液を選ぶ際にはナイアシンを配合しているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。

目元美容液の成分-抗酸化成分-

目元美容液には抗酸化作用も求められます。目元の皮膚は薄いため、体の老化の影響が現れやすいからです。

抗酸化成分は活性酸素を抑制する効果がある

目元美容液人気目元美容液抗酸化成分

皮膚の弾力が失われたり、その皮膚を支える筋肉が衰えたりしてたるみが生じやすくなりますし、血行不良がクマの原因にもなります。目元美容液を選ぶ際にはどんな抗酸化成分が使用されているのかのチェックがポイントとなるのです。

 

抗酸化作用とは細胞を酸化させ老化をもたらす活性酸素の働きを抑制する効果のことです。ではそんな効果を持つ抗酸化成分にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

代表格として挙げられるのがビタミンCです。この成分のポイントは優れた抗酸化作用を備えているだけでなく、コラーゲンの生成を促したり、免疫力を高める効果が備わっている点です。

 

とくにコラーゲンは肌のハリの低下や乾燥とも関わってくるだけに量を維持することが目元ケアのポイントとなってきます。

 

なお、ビタミンCは体内で合成することができず、つねに体外から補う必要があるため、不足しやすいことも重要なポイントとなります。

 

なお、スキンケア製品のなかにはより皮膚への浸透力を高めたビタミンC誘導体を配合しているものもあります。

 

単に配合されているかどうかではなく、このビタミンの効果をどれだけ引き出せるかもチェックしておきたいところ。

抗酸化成分にはビタミンEやコエンザイムQ10などがある

それからビタミンE。こちらは紫外線対策にも効果を発揮してくれるのがポイントです。目元は紫外線のダメージに晒されやすいだけに目元美容液の成分として効果的に役立ってくれます。

 

日焼けによる肌の乾燥やメラニン色素の色素沈着によるシミなどの改善にも役立ってくれるでしょう

 

そのほか目元美容液をはじめとしたスキンケア製品に広く使用されているものとしてはコエンザイムQ10やαリボ酸なども挙げられます。

 

コエンザイムQ10は美白効果でも有名です。αリボ酸はビタミンCやビタミンEの働きを高める効果も備わっているため広くスキンケア製品に配合されています。

 

こうした抗酸化成分の内容や特徴を踏まえた上で目元美容液選びを行っていきましょう。

目元のたるみに効果的な美容液はどれ?目元美容液口コミ評価ランキング

 

コスメルジュ編集部が選んだ目元美容液

B.A アイゾーンクリーム

BA

目元をたっぷり潤して、引き上げるようなハリを生む!POLAの新アイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

アテニア アイエクストラセラム

乾燥小じわを優しくほぐす!ハリを戻りやすくする高品質低価格の目元美容液
15g120回分・4,791円→3,291円・税込+エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)※お一人1セット1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!

リソウ リペアジェル

リペアジェル

コラーゲンの減少が原因の40代以降の目元の乾燥に効果的な無添加美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(3000円)もついて1,980円!通販限定
>>公式HPで詳しく見てみる!

ファンケル 無添加アイセラム

ファンケルアイクリーム

コスパ抜群!目元口元にふっくらハリを生むファンケルの高保湿美容クリーム
1,800円・税込み(初回限定・お一人様1セット1回限り)
(アクティブコンディショニングEX化粧液2包・乳液2包・速攻リフトアップマスク2包付。無くなり次第終了)
>公式HPで詳しく見てみる!