目元ケアQ&A記事一覧

シワ・たるみの大きな原因となるのが紫外線です。とくに年齢を重ねるにつれて肌のバリア機能や再生力が衰えるため、ダメージが生じやすくなります。紫外線に晒されていると肌の老化が進んでしまいますし、とくに目元は晒されやすい部分ですから、しっかりとした対策が求められるわけです。紫外線を浴びない努力とともに抗酸化・再生力を高める成分を積極的に補充しましょう紫外線対策のポイントは簡単に言えば「浴びないようにする...

目元美容液選びで重要になるのは配合されている成分です。わざわざ目元専用に美容液を使用するわけですし、目の周りは皮膚が薄く、刺激に弱い面があるため、適切な成分が配合された製品が求められるのです。抗酸化・保湿・美白…低分子化されたものなど浸透性の高い目元美容液を選ぶではどういった配合成分をチェックして目元美容液選びを行っていけばよいのでしょうか。まず抗酸化作用。皮膚が薄いこともあり老化が目立ちやすいの...

40代になったらスキンケアを改めるべきだとよく言われます。肌の老化が目立ち始めるため、20代、30代までと同じケアでは充分ではなくなってしまうだけでなく、かえって逆効果になってしまう恐れもあるからです。とくに目元は敏感なため、若い頃のケアでは刺激が強すぎてしまう場合が多く見られます。基本は低刺激で保湿効果の高い化粧品を選ぶこと40代からのスキンケアの注意点としてはまず保湿を心がけること。加齢ととも...

洗顔はスキンケアの基本中の基本。そして肌健康状態の土台作りとも言えるものです。しかしこの基本が誤っているために問題を抱えてしまっているケースも多いのです。とくに40代以降ではシワやタルミといったトラブルの原因を作ってしまっていることも珍しくありません。シワ・たるみ予防には刺激の強い洗顔料は避けて強く擦らない、保湿は十分過ぎるほど行うことでは間違った洗い方とはどのようなものなのでしょうか。最大の注意...

目尻の小ジワが目立ち始めるとどうしても老けて見られてしまうもの。エイジングケアでももっとも重要なポイントといってもよいでしょう。この目尻の小ジワの原因は肌の老化によるものですが、とくに大きな要因となるのが乾燥です。加齢とともに皮膚からコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が失われていき、乾燥状態に陥ることでシワができるようになるのです。もともと目の周辺の皮膚は薄いため乾燥の影響を受けや...

目元ケアはひとつの方法に頼らず、いくつのか対策をうまく組み合わせながら行っていくことが大事です。なぜなら目尻のシワやたるみ、クマといったトラブルの原因はひとつではないからです。肌の老化による乾燥、表情筋の衰え、さらに疲労の蓄積やスキンケアによる肌への刺激・負担など。こうした要因によるトラブルを抑えるためにはさまざまなアプローチでの対策が求められるのです。目元美容液とマッサージで目元トラブルのほとん...

目元のシワの大きな原因の一つが表情筋の衰え。この表情筋とはその名の通り表情を作る際に使われる筋肉。この筋肉が衰えるとシワができやすくなってしまうのです。代表的なのが「カラスの足跡」とも呼ばれる笑いジワでしょう。ですから、目元ケアではスキンケアと並んでこの筋肉を鍛える対策も不可欠なのです。1日5分程度のエクササイズでシワ対策ただ、他の筋肉とは違って鍛え方が難しい面があります。何かを持ち上げるような筋...

目元を若返りさせるためにはメークも重要なポイント。保湿やマッサージといったケアももちろん大事ですが、メークをひと工夫するだけで見た目のイメージが驚くほど違ってきます。隠すメイクではなく明るく演出することを心がけるでは目元若返りに役立つメーク術を見てみましょう。まず鍵をとなるのが化粧下地。若く見せるメークというとどうしてもファンデーションで「隠す」意識が強くなってしまいがち。しかしその結果厚塗りにな...

眼の周囲の悩みといえばクマ。これができてしまうと一気に老けて見られてしまいます。シワやたるみとは異なり、年齢に関係なくできる可能性があるだけに注意したいところ。では眼の周囲にクマができてしまった場合、どういった方法で改善すればよいのでしょうか。クマの種類を見極めてそれぞれにあった対策をたてるまずクマの種類について把握しておきましょう。クマといえば黒い状態を連想する人も多いかもしれませんが、実際には...

目元ケア、とくに加齢による衰えの対策はなかなか短期間での効果は期待できません。長期的な視野に立って行っていく必要があるほか、毎日継続的に行える方法を選ぶことも重要です。できるだけお金と手間がかからない方法をいかにうまく日々のケアの中で取り入れていくことができるか、そんな目元ケアの対策方法としてお勧めなのがツボです。1日3分のツボ刺激で衰え知らずの目元作りツボは全身にあり、目元周辺も例外ではありませ...

黒クマはやや特殊なタイプのクマであるとともに解消がもっとも難しいクマでもあります。それだけにできるだけ早い段階で気づいて適切な対策を行っていくことが大事です。黒クマは肌自体が黒くなるのではなく、光の加減でシワ部分が影になって見えるのが原因黒クマというからには黒い色をしたクマなのですが、どうして黒くなるのかとなると複雑な事情が関わってきます。じつは肌そのものが黒くなるのではなく、肌に陰影が生じること...

茶クマは一度できてしまうとなかなか改善が難しいので注意が必要です。青クマや黒クマと違い肌に直接色がついてしまうためそれを薄くしたり消すのが困難だからです。茶クマの原因はメラニン色素の沈着青グマは皮膚の下の血行不良、黒クマはシワやたるみによって影ができるのが原因です。つまりクマが出来た部分の皮膚が青とか黒に変色しているわけではないのです。それに対して茶クマはその部分の皮膚が茶褐色に変色してしまうため...

青クマはもっとも典型的なクマのことです。目の下の皮膚が青黒い状態になってしまいいかにも疲れたような印象を与えるのが特徴です。睡眠不足の生活を続けているとなりやすいイメージがありますが、それだけでなく肌環境や生活習慣など幅広い原因で起こりえます。青クマの原因は血中の酸素不足や寝不足この青クマの直接の原因は血行不良にあります。血液は通常赤い色をしていますが、これはヘモグロビンが血液中の酸素と結びつくこ...

クマにはいくつかのタイプがありますが、その中で赤クマはあまり取り上げられる機械も少なく、本人もあまり意識することなく放置してしまうこともあるので注意が必要なタイプです。赤クマはクマの中では初期段階の症状で原因は血行不良この赤クマとはクマの初期段階ともいえるもので、目の周囲が赤く腫れたような状態になるのが特徴です。長時間のデスクワークやゲームをした後にはとくに赤みが目立つことが多く、日ごろから目を酷...

目元トラブルを引き起こすおもな原因は老化と紫外線です。目元ケアもこの2つをいかに防ぎつつ改善していけるかが最大のテーマといえるのですが、それだけではなく生活習慣の見直しも重要なポイントです。目元トラブルを起こさないためにまず気を付けたい事は目の酷使日常生活の意外なところに目元トラブルの原因が潜んでいることも多く、それを改善しないことにはスキンケアでの対策も十分な効果が得られない可能性もあるのです。...

アイメイクはクレンジングの際にしっかりと落とす必要があります。中途半端なクレンジングでメイクが残ってしまうとそれが大きな負担になってしまいますし、そのまま就寝してしまうと一晩の間にシワやたるみといったトラブルの原因を作ってしまうことも。目元は皮膚が薄く敏感なのでアイリムーバーなど専用アイテムを使うただその一方でクレンジングをしすぎると目元に負担をかけてしまう面もあります。皮膚が薄く刺激に敏感な目元...

エイジングケアの重要な鍵はターンオーバーにあるとよく言われます。肌の新陳代謝がしっかりと機能していれば新しい肌と古い肌の入れ替わりがスムーズに進み、若々しく健康的な肌でいることができるというわけです。ターンオーバーの乱れによるダメージの蓄積が目元のトラブルを発生させやすくしているこのターンオーバーは通常28日周期といわれています。約1ヵ月で肌が入れ替わるというわけでずか、これはあくまでターンオーバ...

眉間にシワができるといつも起こっているような印象を与えてしまいます。怖そうに見られてしまうだけでなく老けた印象ももたれてしまうこともあるので要注意です。眉間のシワは硬直した筋肉をほぐすことで改善することができるこの眉間のシワも老化がもたらす厄介な悩みです。眉間にシワを寄せる機会が多いと知らず知らずうちにシワができてしまっていた、なんとことも。他の部分のシワに比べて深くくっきりと刻まれることも多いこ...

目元トラブルといえば紫外線と老化がまず挙げられますが、現代人はもうひとつ眼精疲労やドライアイにも注意が必要です。長時間のデスクワークやスマホなどで目を酷使しやすい現代人は慢性的に目が疲労状態に陥ってしまっていることも多く、それが目元周辺の肌にも悪影響を及ぼしてしまっていることも多いのです。眼精疲労は血行不良やターンオーバーの乱れ・ドライアイなどを引き起こすではどんな形で眼精疲労が目元トラブルに影響...

まぶたが重い、たるむ…年齢を重ねるにつれて増えてくる悩みです。若い頃はパッチリとした目をしていたのに30歳を過ぎるころからたるみで冴えない感じになってしまった、あるいは朝起きたときにまぶたが重くて目を開くのも大変、そんな悩みが多くなるのです。まぶたのたるみの原因は複数考えられるので多岐にわたるケアが理想的こうした悩みの原因は加齢のほか紫外線のダメージ、ストレスの蓄積、不規則な生活習慣、食生活の乱れ...

目元ケアは年齢を重ねていくにつれて重要性を増していきます。皮膚が薄く刺激に敏感な分老化の影響が進みやすく、顔全体のケアとは別に集中的なケアも必要になってくるからです。大きく分けてシートとクリームタイプの目元パック方法そんな目元ケアで人気なのが目元のパック。皮膚が薄い目元は乾燥しやすいこともあって有効成分がなかなか浸透しない問題点を抱えていますし、バリア機能が低下していればスキンケア製品を塗付する際...

肌の色素沈着は年齢を問わず美容における大きな悩みの種ですが、とくに目の周りは起こりやすい部分なので注意が必要です。できてしまうと一気に老けた印象に見られてしまいますし、疲れてパッとしない感じになってしまいます。目元の色素沈着は皮膚の薄さが原因どうして目元には色素沈着が起こりやすいのか。最大の原因は皮膚が薄い点です。実際に触ってみると実感できますが、目元の皮膚は他の顔の部分に比べて皮膚の厚みが数分の...

年齢を重ねると目元に白いブツブツができることがあります。30代後半〜40代前半くらいから見られるようになり、年齢を重ねるにつれて増えていく傾向があります。これは稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)と呼ばれるもので、角質が蓄積して塊になったものです。目元にできる白いブツブツは皮脂が蓄積して固まった稗粒腫簡単に言えば古くなった皮脂が蓄積して固まりになったもので、白いブツブツをしているのも毛穴を詰まら...

年齢を重ねていくと目元が痩せていくことがあります。顔全体が痩せるのではなく目の周りだけがくぼむように痩せていくため老けた印象や疲れた印象になってしまうのが大きな難点。これを予防・改善するためにはどうしてくぼみが起こるのか、原因も踏まえたうえで適切な対策を行っていく必要があります。目元のくぼみにはエクササイズで眼輪筋の衰えをカバーまず加齢による筋肉の衰えが挙げられます。目の周りには眼輪筋という筋肉が...

ふっくらと若々しく、それでいて印象的な目元をもたらしてくれる涙袋。これは「涙堂(るいどう)」とも呼ばれており、ホルモンが詰まっている部分です。印象的な目元の人の多くに見られる一方、ない人もいます。目元の皮膚が厚めの人にできにくいとよく言われますが、ないからといってあきらめる必要はなく、努力次第で作ることもできます。涙袋はメイクやマッサージでつくることができるといっても整形するわけではもちろんなく、...

目元は顔のほかの部分に比べてシワやシミといったトラブルを抱えやすいといわれています。目を酷使する生活を送っていないかどうか見直したいそれはこの部分の皮膚が薄く刺激に敏感であることが原因とよく言われますが、日常生活の中で皮膚を傷めてしまう原因を抱えていることも忘れてはならないでしょう。知らず知らずのうちに目元にダメージを蓄積させてしまうような生活を続けた結果、知らず知らずのうちにトラブルの原因を抱え...

目元の皮膚は非常に薄く、他の顔の部分に比べて数分の一程度しかないといわれています。花粉症やアレルギーが目をこすってしまう大きな要因それだけにちょっとした刺激に敏感なため日ごろから注意してケアしていく必要があります。たとえば目元美容液、アイクリーム選びでは有効成分だけでなく伸びがよくムラなく塗付しやすいかどうかが大事な点で、できるだけ塗付する際に指で何度も擦らないように使用できる製品が望まれます。そ...

目元はトラブルが起こりやすいので専用の美容液、アイクリームなどで集中的なケアが必要といわれますが、一方で皮膚が薄くケアしすぎるとかえってダメージを与えてしまう恐れがあります。ビタミンAは涙の量を保つ働きもあるので、ドライアイ対策にもですからスキンケアだけでなく幅広いアプローチでのケアが重要になってくるわけですが、そんななかで重視したいのが体の内面からのケア、つまり食生活での改善です。スキンケア製品...

目元ケア専用のアイテムが注目されてさまざまなメーカーから発売されていますが、それらは大きく分けると目元美容液とアイクリームに分けることができます。目元ケア用に製品を購入しようと思ったときにどちらがよいか悩んだ経験がある方も多いのではないでしょうか。目の下のたるみを集中ケアする場合は基本的に目元美容液がおすすめどちらもメリットとデメリットの両方があるわけですが、では目の下のたるみ対策に役立つのはどち...

現代人が抱える目元トラブルの大きな原因になっているとされているのがパソコンとスマホです。もはや誰もがインターネットを利用している次代、仕事でもパソコンは欠かせず、1日数時間モニター画面と向き合っている環境も珍しくなくなりました。しかしこれが目と目元の皮膚に負担をかけてしまいさまざまなトラブルを引き起こしてしまうケースも増えているのです。長時間パソコンやスマホを使用する場合は眼球をまわしてほぐすなど...