目の下・涙袋のたるみにはプリテオグリカンなど保湿効果に優れた目元美容液を!

目の下・涙袋のたるみの原因と対策

目の下・涙袋がたるむと一気に老けて見えてしまうだけでなく、顔全体の印象を変えてしまうこともあります。

たるみの原因は様々な要素が重なり進行しているので対策が難しい

涙袋などは若い頃は目元を印象的に見せる魅力的な部分ですが、加齢とともにたるみが進んでしまうと目の周りの若々しさを損ねる大きな原因となってしまいます。

 

また目の下のたるみは口元へと走るゴルゴラインの原因になってしまうなど、シワにも影響を及ぼします。

 

それだけにエイジングケアでうまく予防・改善を行っていきたいところなのですが、これがなかなか難しく思うように効果が得られないこともしばしば。

 

どうしてうまくいかないのか?その理由はたるみをもたらす原因がひとつではなく、さまざまな要素が重なりながら進行していくことが多いからです。

 

根本の原因は老化の進行ですが、老化を進めてしまうような肌環境になってしまうのがまず厄介な点です。

 

もともと目の周りは皮膚が薄く刺激を受けやすいといわれていますが、紫外線を浴びやすく、しかも乾燥のよるバリア機能の低下が進みやすいことで活性酸素が増加し、老化がどんどん加速してしまいやすい部分でもあります。

 

そもそも老化が引き金になって肌の乾燥とバリア機能の低下がはじまった結果、紫外線のダメージで老化がますます加速してしまうという悪循環が起こることもあります。

表情筋の衰えをカバーするトレーニングなども取り入れたい

その老化の加速によって肌のハリが低下してしまう点も厄介な原因です。肌のハリは真皮層でコラーゲンとエラスチンが肌を支えることで維持されています。

 

真皮層では繊維状のコラーゲンがエラスチンに束ねられる形で網の目状に張り巡らされており、この網の目状が強靭な状態で維持されていれば肌のハリも保たれるのですが、加齢の影響などでコラーゲンとエラスチンが減少してしまうことで支える力が低下してしまうのです。

 

また先ほど挙げた乾燥によるバリア機能が進むと紫外線の影響が角質層を通り越して真皮層にまで達することでコラーゲン繊維を破壊してしまう点も大きな問題です。

 

ですから対策としてはエイジングケアで老化を防ぐこと、そのうえでハリの改善を目指していくことが第一です。そしてこの基本に加えて表情筋の衰えをうまくカバーしていきましょう。

 

目尻をはじめ目元の皮膚は表情によって動きやすい部分ですが、表情を作るときに肌を動かしている表情筋が衰えてしまうと肌を支える力が低下し、表情のシワがそのまま残ってしまうようになります。

 

筋肉なので鍛えることで老化をカバーできるので表情筋トレーニングをスキンケアとともに取り入れていくとよいでしょう。

 

ネット上ではさまざまな表情筋トレーニングが紹介されているので自分が手軽にできそうな方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

目の下・涙袋のたるみケアに効果的な美容成分

目の下・涙袋のたるみケアでは表情筋トレーニングや血行改善、むくみ対策といった幅広い対策も求められますが、スキンケアの段階でたるみの原因をうまく改善していくことが大事です。

基本はセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3大保湿成分

たるみケア用にスキンケア製品を選ぶ際には自分の肌に必要な美容成分をしっかり補えるかどうかをチェックしていきましょう。

 

まず基本は保湿成分です。もともと目の下は皮膚が薄いため乾燥しやすいうえに紫外線を浴びやすいのでダメージを受けやすい問題点を抱えています。

 

乾燥すればバリア機能が低下し、紫外線のダメージが大きくなることで活性酸素が増加して老化がますます加速してしまいます。

 

それを防ぐためにも目の下だけでなく目元周辺に広く保湿成分を補っていくことが大事なのです。

 

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンの3大保湿成分はもちろん、保水力に優れたプロテオグリカンなどの成分もうまく補っていきましょう。

 

また、皮膚が薄く乾燥で硬くなりやすいことから有効成分が浸透しにくい面があるのも目元の厄介な点です。

 

ヒアルロン酸とコラーゲンは低分子化の技術、セラミドの場合はヒト型セラミドなど浸透性の高い成分や処方を採用しているかどうかも見ておきたいところです。

 

それからハリを改善するのに役立つ成分。真皮層はコラーゲンが7割を占めている部分ですが、このコラーゲンが不足すると肌を支える力が弱くなることでハリが低下していきます。

 

目の下と涙袋はとくにこの影響を受けやすく、他の部分に比べてたるみが早く見られる傾向があります。

ターンオーバーの活性化に役立つ美容成分もオススメ

そのため真皮層のコラーゲン不足を補い、肌を支える力を改善していくケアが欠かせないのですが、注意したいのはコラーゲンを直接補っても効果は十分な効果は期待できない点で、体内での生成を促す必要があります。

 

スキンケア製品に含まれている有効成分が浸透するのは角質層までなので直接補っても真皮層に補うことができないのです。

 

コラーゲンの生成を促すためには繊維芽細胞という細胞を活性化させるケアが有効で、レチノール、ナイアシン、プラセンタ、ビタミンC誘導体、FGFなどが有効な成分として挙げられます。

 

シワがすでに目立つようになっている場合はこれらの成分がもっとも重要となるでしょう。

 

ターンオーバーの活性化に役立つ美容成分もオススメです。

 

たるみだけでなく目の下にクマやくすみができている方はとくに重要な部分で、古い肌の蓄積を防ぎ、新たしく作られる健康な肌との入れ替わりを促すことでハリと潤い、ボリュームを改善していくことができます。

 

しかも角質層で保湿を担っているセラミドや天然保湿因子(NMF)といった成分はターンオーバーの過程で作られるため保湿ケアの一環としての面も持ち合わせています。

 

プラセンタやEGFといった皮膚細胞を活性化させる成分を補うことでターンオーバーを促すことができるので日々のケアに取り入れてみましょう。

目元のたるみに効果的な美容液はどれ?目元美容液口コミ評価ランキング