【キャンペーン情報】amazonアイケア売れ筋1位!シワ認定医が作ったアイクリームが980円!

リペアアイクリーム


皮膚の再生に効果的な7種類のペプチド配合、シワ治療認定指導医が開発した話題のアイクリーム「リペアアイクリーム」がお試しキャンペーン中。何をしても消えてくれない目尻のシワや目元のたるみにお悩みの方はこの機会をお見逃しなく!
10日間お試し2,160円相当→980円・税込 ※期間限定キャンペーン中

>>詳しくはこちらから

目元ケアQ&A記事一覧

シワ・たるみの大きな原因となるのが紫外線です。とくに年齢を重ねるにつれて肌のバリア機能や再生力が衰えるため、ダメージが生じやすくなります。紫外線に晒されていると肌の老化が進んでしまいますし、とくに目元は晒されやすい部分ですから、しっかりとした対策が求められるわけです。紫外線を浴びない努力とともに抗酸化・再生力を高める成分を積極的に補充しましょう紫外線対策のポイントは簡単に言えば「浴びないようにする...

目元美容液選びで重要になるのは配合されている成分です。わざわざ目元専用に美容液を使用するわけですし、目の周りは皮膚が薄く、刺激に弱い面があるため、適切な成分が配合された製品が求められるのです。抗酸化・保湿・美白…低分子化されたものなど浸透性の高い目元美容液を選ぶではどういった配合成分をチェックして目元美容液選びを行っていけばよいのでしょうか。まず抗酸化作用。皮膚が薄いこともあり老化が目立ちやすいの...

40代になったらスキンケアを改めるべきだとよく言われます。肌の老化が目立ち始めるため、20代、30代までと同じケアでは充分ではなくなってしまうだけでなく、かえって逆効果になってしまう恐れもあるからです。とくに目元は敏感なため、若い頃のケアでは刺激が強すぎてしまう場合が多く見られます。基本は低刺激で保湿効果の高い化粧品を選ぶこと40代からのスキンケアの注意点としてはまず保湿を心がけること。加齢ととも...

洗顔はスキンケアの基本中の基本。そして肌健康状態の土台作りとも言えるものです。しかしこの基本が誤っているために問題を抱えてしまっているケースも多いのです。とくに40代以降ではシワやタルミといったトラブルの原因を作ってしまっていることも珍しくありません。シワ・たるみ予防には刺激の強い洗顔料は避けて強く擦らない、保湿は十分過ぎるほど行うことでは間違った洗い方とはどのようなものなのでしょうか。最大の注意...

目尻の小ジワが目立ち始めるとどうしても老けて見られてしまうもの。エイジングケアでももっとも重要なポイントといってもよいでしょう。この目尻の小ジワの原因は肌の老化によるものですが、とくに大きな要因となるのが乾燥です。加齢とともに皮膚からコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドといった保湿成分が失われていき、乾燥状態に陥ることでシワができるようになるのです。もともと目の周辺の皮膚は薄いため乾燥の影響を受けや...

目元ケアはひとつの方法に頼らず、いくつのか対策をうまく組み合わせながら行っていくことが大事です。なぜなら目尻のシワやたるみ、クマといったトラブルの原因はひとつではないからです。肌の老化による乾燥、表情筋の衰え、さらに疲労の蓄積やスキンケアによる肌への刺激・負担など。こうした要因によるトラブルを抑えるためにはさまざまなアプローチでの対策が求められるのです。目元美容液とマッサージで目元トラブルのほとん...

目元のシワの大きな原因の一つが表情筋の衰え。この表情筋とはその名の通り表情を作る際に使われる筋肉。この筋肉が衰えるとシワができやすくなってしまうのです。代表的なのが「カラスの足跡」とも呼ばれる笑いジワでしょう。ですから、目元ケアではスキンケアと並んでこの筋肉を鍛える対策も不可欠なのです。1日5分程度のエクササイズでシワ対策ただ、他の筋肉とは違って鍛え方が難しい面があります。何かを持ち上げるような筋...

目元を若返りさせるためにはメークも重要なポイント。保湿やマッサージといったケアももちろん大事ですが、メークをひと工夫するだけで見た目のイメージが驚くほど違ってきます。隠すメイクではなく明るく演出することを心がけるでは目元若返りに役立つメーク術を見てみましょう。まず鍵をとなるのが化粧下地。若く見せるメークというとどうしてもファンデーションで「隠す」意識が強くなってしまいがち。しかしその結果厚塗りにな...

眼の周囲の悩みといえばクマ。これができてしまうと一気に老けて見られてしまいます。シワやたるみとは異なり、年齢に関係なくできる可能性があるだけに注意したいところ。では眼の周囲にクマができてしまった場合、どういった方法で改善すればよいのでしょうか。クマの種類を見極めてそれぞれにあった対策をたてるまずクマの種類について把握しておきましょう。クマといえば黒い状態を連想する人も多いかもしれませんが、実際には...

目元ケア、とくに加齢による衰えの対策はなかなか短期間での効果は期待できません。長期的な視野に立って行っていく必要があるほか、毎日継続的に行える方法を選ぶことも重要です。できるだけお金と手間がかからない方法をいかにうまく日々のケアの中で取り入れていくことができるか、そんな目元ケアの対策方法としてお勧めなのがツボです。1日3分のツボ刺激で衰え知らずの目元作りツボは全身にあり、目元周辺も例外ではありませ...

黒クマはやや特殊なタイプのクマであるとともに解消がもっとも難しいクマでもあります。それだけにできるだけ早い段階で気づいて適切な対策を行っていくことが大事です。黒クマは肌自体が黒くなるのではなく、光の加減でシワ部分が影になって見えるのが原因黒クマというからには黒い色をしたクマなのですが、どうして黒くなるのかとなると複雑な事情が関わってきます。じつは肌そのものが黒くなるのではなく、肌に陰影が生じること...

茶クマは一度できてしまうとなかなか改善が難しいので注意が必要です。青クマや黒クマと違い肌に直接色がついてしまうためそれを薄くしたり消すのが困難だからです。茶クマの原因はメラニン色素の沈着青グマは皮膚の下の血行不良、黒クマはシワやたるみによって影ができるのが原因です。つまりクマが出来た部分の皮膚が青とか黒に変色しているわけではないのです。それに対して茶クマはその部分の皮膚が茶褐色に変色してしまうため...

青クマはもっとも典型的なクマのことです。目の下の皮膚が青黒い状態になってしまいいかにも疲れたような印象を与えるのが特徴です。睡眠不足の生活を続けているとなりやすいイメージがありますが、それだけでなく肌環境や生活習慣など幅広い原因で起こりえます。青クマの原因は血中の酸素不足や寝不足この青クマの直接の原因は血行不良にあります。血液は通常赤い色をしていますが、これはヘモグロビンが血液中の酸素と結びつくこ...

クマにはいくつかのタイプがありますが、その中で赤クマはあまり取り上げられる機械も少なく、本人もあまり意識することなく放置してしまうこともあるので注意が必要なタイプです。赤クマはクマの中では初期段階の症状で原因は血行不良この赤クマとはクマの初期段階ともいえるもので、目の周囲が赤く腫れたような状態になるのが特徴です。長時間のデスクワークやゲームをした後にはとくに赤みが目立つことが多く、日ごろから目を酷...

目元トラブルを引き起こすおもな原因は老化と紫外線です。目元ケアもこの2つをいかに防ぎつつ改善していけるかが最大のテーマといえるのですが、それだけではなく生活習慣の見直しも重要なポイントです。目元トラブルを起こさないためにまず気を付けたい事は目の酷使日常生活の意外なところに目元トラブルの原因が潜んでいることも多く、それを改善しないことにはスキンケアでの対策も十分な効果が得られない可能性もあるのです。...